スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tree of Life - klimt

Gustav Klimt
Tree of Life
Tree_of_Life(S

象徴主義を代表する画家として、「ウィーン分離派」の創始者として、またエゴン・シーレなどの若く優れた作家を数多く見出すなど、美術史において最も重要 な存在の一人であるグスタフ・クリムト。官能に沈み行く人々のような肖像には不思議な魅力が溢れています。本作は熱心なコレクターであった裕福な実業家 (富豪)アドルフ・ストックレーがウィーン分離派を代表する建築家ヨーゼフ・ホフマンに依頼し、テルフューレン通りに建築させた邸宅(ストックレー邸)の 食堂の左右と正面の壁の装飾画として制作された≪ストックレー・フリーズ≫の中から、最も印象的な≪生命の樹≫の原図(下絵)で、描かれる大地に根を下ろ した生命の樹は、太く雄弁な幹が示すよう、その(大地から吸い上げ)溢れ出す生命力を拡散させるかのように渦巻状の枝を四方へと伸ばしている。また幹部分 には『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』や『接吻』でも用いられた円形と三角形による装飾が施されており、この生命の樹の表情をより豊かなものとしています。
Amazonの商品説明より



Tree_of_Life(L
サムネイルです。クリックで大きくなります。

クリムトの「The Tree of Life(生命の樹)」は有名ですが、この絵のようによく目にするのは下絵の方です。本物はストックレー邸の食堂のモザイク画であります。そのストックレー邸は何処にあるのかご存じですか??
ベルギーのブリュッセルに建ってます(テルヴュラン通り279/281番地)。お屋敷は庭も建物も、室内の壁や家具調度品一式すべてが芸術品で、3年前に屋敷ごと世界遺産に登録されました。その食堂の壁面にあるのが著名なクリムトの「The Tree of Life(生命の樹)」であります。モザイク画の方は写真も見たことないのですが… 邸宅を建てるとき、ストックレーは見積りも取らず、金額の上限も決めずに施工させたとか、白紙の小切手を差し出したとか、芸術を愛する者はそうじゃないとね。(笑)
お屋敷は公開はされてないので、一般人は通りからの写真撮影で我慢です。最近ではジョージブッシュ(親父の方)が屋敷に入ったとウィキにありました。

画像をデスクトップの壁紙にしてましたがフォルダが見にくくて辞めました(笑)。古い絵なので著作権は消えてます。コピーOKです。同じ絵で色んな画像データありますが、WebColor256色では、金色が薄かったり濃かったりで、上手く出ないようです。

自分は日本人だからか、このクリムトの絵より尾形光琳の紅白梅図屏風の方が好きだったりします(共通点は「金色」だけですが(笑)。

External links:
Stoclet Palace: http://en.wikipedia.org/wiki/Stoclet_Palace
Gustav Klimt: http://en.wikipedia.org/wiki/Gustav_Klimt
RE+nessance ヨーゼフ・ホフマンとクリムト: http://renessance.jugem.jp/?eid=8
ストックレー邸写真: http://www.kira-ku.com/category/83609/photo/1
Gustav Klimt: http://en.wikipedia.org/wiki/Gustav_Klimt

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2012/03/29 02:46

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2012/03/29 02:46

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2012/03/29 02:46

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2012/03/29 02:46

Trackback URL

http://coldblueviolet.blog137.fc2.com/tb.php/249-46561443

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

Calendar

Quick translate

Translate this page:
free counters

Profile

mihiroxm

Author:mihiroxm
国 籍 : コテコテの日本人
星 座 : 魚座
好きな食べ物 : お米, 菓子パン
好きな飲み物 : 珈琲

毎日珈琲は欠かせません。
朝起きて、仕事始め、仕事中、休憩中、仕事が終わって食事の後も就寝前も珈琲は欠かせません。
さて、1日に何杯飲むでしょうか?

ァあ@残念でした....

あなたはサイバースペースでサーフィンしながら何かを発見するでしょう。ここは妄想の世界ですが、なにかの手助けになればと思います。
Live in a world of fancy.
Thanks for Visisting!!!



darkblue.violet@gmail.com

Thumbnail

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Jump to Pictures Page

Category

favourites

          

       今すぐブログを作ろう!

       Powered By FC2ブログ
         FC2 Prof

  Jango

     myspace

YouTube
iTunes
Discogs

                 Last.fm

         

    

           

       Follow Me on Pinterest

Tag Cloud - 3D sphere

FC2Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。